悪の華(新潮文庫) ボードレール 堀口大學/訳

440円(税40円)

購入数

近代生活の憂鬱と絶望、異教的官能とキリスト教的神秘観、頽廃の美と叛逆の情熱を謳って、新しい美の戦慄を創造した「悪の華」は、象徴派詩人のバイブルとなり、“罪の聖書”とも“近代人の神曲”とも呼ばれて、その影響ははかり知れない。ここに描かれる怪奇、極悪、陰惨の世界は、腐肉の燐光のように輝く、息詰まるばかりに妖しい美の人口楽園である。
本書は関連作品を網羅した全訳版。用語、背景などについての詳細な注解、年譜、および作品解説を付す。訳、堀口大學。(出版社紹介文より)

筆者:ボードレール 堀口大學/訳

発行年:1990年

発行元:新潮社

サイズ:約 106x150x17mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:カバー背ヤケ、ヨゴレあり。本体小口にヤケあり。本文経年並み。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。