太陽通りのぼくの家 オリジェネス・レッサ 池上岑夫/訳 岩波少年文庫

a22011604

880円(税80円)

購入数

弟の誕生、ひっこし、母の死、カーニバル――感受性が強く空想癖のある少年パウロが幼いときに出会った事件や日常を、簡潔にいきいきと描いた、ブラジルの作家の自伝的作品。(出版社からの内容紹介)

筆者:オリジェネス・レッサ 池上岑夫/訳

発行年:1987年

発行元:岩波書店

サイズ:約 172x115x16mm

製本仕様:ソフトカバー

状態:カバーにシワ、ヨレあり。本体シミ、シワ、ヨゴレあり。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。
>