大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 私のこだわり人物伝 (角川文庫) 大槻ケンヂ

770円(税70円)

購入数

「少年探偵」シリーズに代表される少年ものや、怪奇浪漫文学の名品を数多く遺した江戸川乱歩―。小学2年で『電人M』を読んで以来、乱歩に惹かれ、音楽性にも多大な影響を受けた大槻ケンヂが、ロック・ミュージシャンの視点からとらえ、新乱歩論を展開する。同時収録は、乱歩の短編小説「鏡地獄」「押絵と旅する男」「踊る一寸法師」「人でなしの恋」。(出版社の紹介文)

著者:大槻ケンヂ

発行年:2010年

発行元:角川書店

サイズ:約 106x148x8mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:一般的な古本。カバーにスレ、ヨレあり。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。