釣魚雑筆(岩波文庫) S.T. アクサーコフ 貝沼一郎/訳

440円(税40円)

購入数

19世紀中葉のロシアの作家アクサーコフ(1791‐1859)が豊かな体験を生かして書いた川釣りの物語。著者が釣り糸をたれた河や湖のたたずまい、魚たちの生態が四季の移り行きを背景に活き活きと描かれており、叙述はおのずから一種の散文詩をなしている。同時代の批評家は本書の刊行を「ロシア文学上の一事件」とまで激賞した。(出版社紹介文より)

著者:S.T. アクサーコフ 貝沼一郎/訳

発行年:1989年

発行元:岩波書店

サイズ:約 106x150x10mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:カバーにスレ、ヨレあり。経年並みの一般的な古本。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。