美徳のよろめき(新潮文庫) 三島由紀夫

275円(税25円)

購入数

生れもしつけもいい優雅なヒロイン倉越夫人節子の無垢な魂にとって、姦通とは異邦の珍しい宝石のようにしか感得されていなかったが……。作者は、精緻な技巧をこらした人工の美の世界に、聖女にも似た不貞の人妻を配し、姦通という背徳の銅貨を、魂のエレガンスという美徳の金貨へと、みごとに錬金してみせる。“よろめき"という流行語を生み、大きな話題をよんだ作品。(出版社紹介文より)
解説・北原武夫

著者:三島由紀夫

発行年:1993年

発行元:新潮社

サイズ:約 106x150x7mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:カバーにヨレ、スレあり。本体ヤケあり。一般的な古本。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。