マリア・シビラ・メーリアン作品集 Butterflies ケイト・ハード 堀口容子/訳

1,100円(税100円)

購入数

17世紀の女性画家、マリア・シビラ・メーリアンは、今日、科学と芸術の両面において功績を残したひとりと言われています。芋虫、さなぎ、そして蝶へと生まれ変わる変態の様をつぶさに観察し、それを描いたメーリアンは、当時「虫は無から生まれてくる」と考えられていた世相を変革するのに、大きく貢献しています。 虫観察のフィールドワークが高じて、南米へと2ヶ月間もの航行へ出たのは、メーリアン実に52歳の時。 その苛烈なエピソードから「情熱の昆虫画家」「虫愛づる姫」などと呼ばれています。 精密で鮮やかな図版は、マイセンなどのモチーフにも使用されており、ヨーロッパでは高い人気を誇っています。博物画がお好きな方のみならず、工芸などのモチーフの参考としてもおすすめしたい一冊です。(出版社紹介文より)

著者:ケイト・ハード 堀口容子/訳

発行年:2018年

発行元:グラフィック社

サイズ:約190x150x17mm

製本仕様:ソフトカバー

状態: 全体的に状態良好。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。