森(新潮文庫) 野上弥生子

880円(税80円)

購入数

明治33年、15歳の菊地加根は九州から東京の森の学園・日本女学院に入学した。恋愛、友情、嫉妬―「新しい女性」の理想を掲げた自由な校風の下、加根を取りまく女学生たちの青春の姿が細やかに描きだされ、明治の群像が瑞々しく蘇る。女性たちの自立への歩みであると同時に、幕末から明治30年代に至る文化史でもある豊潤なロマネスク小説。近代日本の百年を生きた著者の畢生の大作。(出版社紹介文より)
解説・篠田一士

筆者:野上弥生子

発行年:1996年

発行元:新潮社

サイズ:約 106x150x21mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:カバーにスレ、キズあり。一般的な古本です。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。