金子光晴詩集(岩波文庫) 金子光晴 清岡卓行/編

495円(税45円)

購入数

日本の伝統や権力支配の構造を象徴的手法で暴露、批判した詩集『鮫』(一九三七)は、徹底したエゴイストで、一貫して「異邦人」でありつづけた金子光晴(一八九五‐一九七五)の本領が発揮された昭和詩史上最も重要な作品の一つである。代表作『こがね虫』『鮫』『蛾』『落下傘』『愛情69 』等から秀作を選び、その全体像に迫るアンソロジー。(出版社紹介文より)

筆者:金子光晴

発行年:1995年

発行元:岩波書店

サイズ:約 106x150x19mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:カバーにシワ、ヨレ、ヨゴレあり。本体ヤケあり。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。