桜の園・三人姉妹(新潮文庫) アントン・チェーホフ 神西清/訳

330円(税30円)

購入数

急変してゆく現実を理解せず華やかな昔の夢におぼれたため、先祖代々の土地を手放さざるを得なくなった、夕映えのごとく消えゆく貴族階級の哀愁を描いて、演劇における新生面の頂点を示す「桜の園」、単調な田舎の生活の中でモスクワに行くことを唯一の夢とする三人姉妹が、仕事の悩みや不幸な恋愛などを乗り越え、真に生きることの意味を理解するまでの過程を描いた「三人姉妹」。
(出版社紹介文より) 解説・池田健太郎

筆者:アントン・チェーホフ 神西清/訳

発行年:1994年

発行元:新潮社

サイズ:約 106x150x8mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:一般的な古本。小口少しヤケあり。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。