アポリネール詩集(新潮文庫) アポリネール 堀口大學/訳

308円(税28円)

購入数

「ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ……」。今も歌われるシャンソンの名曲「ミラボー橋」の作者アポリネールは、20世紀初頭のパリで、前衛芸術の旗手として、詩、小説、演劇に縦横の活躍をみせ、近代詩から現代詩への方向を決定づけた才人だった。
抒情と実験精神をあわせもった彼の詩を、代表的詩集である『動物詩集』『アルコール』『カリグラム』『出鱈目集』などから精選して収録。(出版社紹介文より)

筆者:アポリネール 堀口大學/訳

発行年:1990年

発行元:新潮社

サイズ:約 106x150x8mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:カバー背ヤケ、ヨゴレあり。本体小口にシミあり。本文は使用感なし。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。