釈迢空歌集(岩波文庫) 折口信夫 富岡多惠子/編

616円(税56円)

購入数

民俗学者折口信夫のもう一つの顔、歌人釈迢空(しゃくちょうくう)。両者は一にして二ならず、学者と詩人の稀有の融合であった。情念の暗がりを内に秘めた詩人は生涯歌に憑かれ、古代のいぶきを山に、海に、旅に感受し、みずからの息づきとした。「永久(とわ)なるものを 我は頼むなり」――幽明にひそむ生の躍動は、永遠の命へと読む人をいざなう。(出版社紹介文より)

筆者:折口信夫 富岡多惠子/編

発行年:2010年

発行元:岩波書店

サイズ:約 106x150x15mm

製本仕様:ソフトカバー 

状態:一般的な古本。

*状態につきましては、正確な情報を記するように心がけていますが、すべて店主の主観による判断になります。
お客様のご判断とのずれが生じる可能性がございます。
文庫本は小口の研磨がおこなわれているものがあります。

古本の味わいとしてご理解の上ご注文下さいます様お願い致します。